賃貸マンション管理

自家発電設備(非常用電源)って本当に必要なの? その2

テストモードのままだと、非常時に起動しない!

これ、気をつけた方がいいです。
定期点検時にテストモードにして、それを復帰させずに放置される。
冗談じゃなくて、本当にあった話です。

建物管理の委託先を変更しようと、設備を見ていた時に、委託先の担当者が発見しました。
約20日間、テストモードのままでした。

これ以来、管理人に点検後の2重チェックを依頼しました。

自家発電設備(非常用電源)って本当に必要なの? その3

自家発電設備(非常用電源)って本当に必要なの? その1

非常用電源は、必要か?と聞かれて、絶対に要らないと言い切れる大人は少ない

私が管理業を始めた当初、「非常用電源って、災害時の消火のための電源でしょ。」
くらいの認識でした。
まだ、前管理会社のサブリースが終了していなかった頃、非常用電源のバッテリー交換の必要があるという連絡で、初めて非常用電源の存在を意識しました。
取りあえず、必要な交換ならと言うことで、見積りを見たんですが、結構な値段ですね。というのが最初の印象。

「非常用電源って、何が作動するんですか?」と訪ねても、オーナーとその家族は答えられない。

こういう風に書くと、決まってそんなはずはない、ちゃんと説明されて知っているはずだと言うんですが、そういう専門家かぶれは無視して、設計士に聞くことにしました。
その回答がこちら。
続きを読む

「年末」「年越し」を大事にするマンション管理

年間12ヵ月のうち、マンション管理にはいくつかの節目があります。
1. 管理会社の契約更新時期(年度末が多い)

2. 引越が多くなる時期(1月2月3月と8月9月)

私は、ここに「年末」12月を加えたいです。

「年末」「年越し」を大事にするとはどういうことでしょうか。

続きを読む

○○禁止をしないマンション管理

この年末に痛恨のクレーム処理です。
マンションの裏の道を利用する人から、「マンションの敷地の一角に停車する宅配業者の車が道を塞いでいる。監督不足だろう」と、そこそこの勢いでクレームが届きました。
すぐに『通行の妨げになります。駐車禁止』の紙を印刷。
立て看板に2枚、壁に1枚貼りました。
年末にこのような強いメッセージを掲げるのは、本位ではありません。

続きを読む

賃貸マンションの粗大ごみ放置対策で、2018年に行ったこと

ゴミ室(塵芥室)があるマンションにおいて、粗大ごみの放置は継続的な問題です。
当該マンションは、エレベーターやエントランスでの挨拶が大変盛んで、管理員の信頼も厚いのですが、ごみ出しや粗大ごみの出し方のルールの徹底が課題です。

こちらでは、2018年の後半から手がけた施策をご紹介します。

続きを読む